内見予約が入ったらしっかり掃除をしておこう

売出し中の物件に内見予約が入ったらしっかり掃除をしておこう

家を売るときの内見は2種類あります。

  • 家の査定をしてもらうため、不動産業者による内見。
  • 家の購入を検討しているお客様の内見。

この2つはそれぞれチェックポイントも違いますので、一概にはどこをどうと説明することはできません。しかし、どちらの内見でも共通しているチェックポイントはありますので、今回はそれぞれの内見で大事になる共通のポイントを紹介しておきたいと思います。

水周りは清潔にしておく

とにかくキッチンやバス・トイレなどの水周りの清掃には気を配ってください。水周りというのは、水垢やカビが発生しやすい場所でもあり、衛生さが重要視されている場所です。日頃の清掃を怠っている家は、水周りをみれば一発で解っちゃいます。

内見の前にはカビや水垢を綺麗に落として、余分な物などを置かないようにし、スッキリした印象を与えるように整理整頓しておきましょう。

玄関とリビングは整理整頓しておく

内見時に最初に見られる場所が「玄関」です。玄関はその家の顔といえるほど、大事な場所です。また、玄関部分は少し狭い空間でもあり、少しでも広くみせるためには、靴などはすべて下駄箱に収納しておくことが大事です。

そして買主や不動産業者が一番時間をかけてチェックする場所が「リビング」です。リビングの印象で、その家のイメージが決まると言っても過言ではありません。

リビングも玄関同様に少しでも広く見せることがとても大事です。動かせそうな荷物や小物類は、内見時だけでも他の部屋に移動をしておき、少しでも広くてスッキリした空間にみせる工夫をしておきましょう。

照明と臭いに気をつけて!

見られる場所ではありませんが、内見時には照明と臭いには注意してください。照明というのは、少しでも明るくて開放的な印象を与えるために内見時には家中の照明をなるべく点灯しておき、カーテンも全開にしておきましょう。

また、住んでいる家族は気付かなくても、家それぞれには家庭の生活臭というのがあります。この生活臭は、自分たち家族以外であれば不快に感じることもありますので、家中に充満している生活臭は絶対に消しておきましょう。

消臭グッズを使うのも良いですし、内見前には家中の窓を全開して換気の入れ替えをするのも効果的です。

あわせて読みたい記事