不動産業者の査定相場額を調べる事はできる?

不動産業者の査定相場額を調べる事はできる?

不動産業者に査定の依頼をしても、その金額が本当に合っているの?と不安に思うこともあります。

そんなときは、自分である程度の相場を調べることができますので、その方法をいくつか紹介しておきます。

査定額を100%信用できない理由

そもそも査定額というのは、不動産業者が独自に算出した予想売却額だと理解してください。その査定額が間違っていたとしても、誰にも責任はありません。

例えば不動産業者から査定が2000万円だといわれたので、2000万円で売却したら同じマンションの物件が1ヵ月後に2500万円で売れていたことを知った場合、怒りますよね?

それでも2000万円の査定をした不動産業者には、何も責任はありません。つまり査定額というのは、実際に売れる金額ではなく、「これくらいであれば、1ヶ月~3ヶ月くらいで売れる可能性が高い金額」だということです。

それくらい査定額というのは信憑性があまりません。また悪質な不動産業者になれば、媒介契約を取りたいためにわざと高い査定額を提示したり、早期売却したいがために安い査定額を提示してくる場合もあります。

あわせて読みたい記事

インターネットで類似物件を探す

不動産業者の査定額を鵜呑みにして損をしないためには、すべてを不動産業者に任せてしまうのではなく、ある程度の相場を自分でも調べておく必要があります。

その方法として、インターネットなどを活用し、自分の物件と類似している物件を探してみる方法があります。

分譲マンションであれば、同じマンションで他に売りに出されている部屋がないか?一戸建て住宅であれば、同じ地区で築年数や土地の広さなどが同じ程度の物件が売りにだされていないかを調べてください。

このように自分から進んで類似物件を検索することで、おおよその相場を理解できるようになります。

過去の取引情報を調べる

相場を調べるのにお薦めのサイトがあります。国土交通省が運営してうるサイトなので、信頼性もあり安全です。

このサイトでは、簡単に過去の取引事例を検索することができますので、おおよその実売価格を知ることが可能です。

「国土交通省の土地総合情報システム」
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

名称は土地総合情報システムとなっていますが、戸建て住宅や中古マンションなどの取引履歴も簡単に閲覧することができる優れもののサイトです。

面倒な会員登録も必要ありませんし、当然無料で使うことができますので、安心して検索してみてください。