住宅ローン返済中でも家は売れる?

住宅ローン返済中でも家は売れる?

「住宅ローンの支払い中ですが、それでも売却することはできますか?」このような質問をされることが多々ありました。

結論からいえば、住宅ローンの支払い中でも売却することは可能です。ただしそれには条件があります。

その条件とは、売却した金額が住宅ローン残高を上回る必要があります。つまり住宅ローンが2500万円残っているのであれば、その物件が2500万円以上で売れることが条件となります。しかし例外として2000万円でしか売れない場合でも、残りの500万円を現金で持っていれば売却することは可能です。

売却額で住宅ローンを完済できない場合はどうなる?

さっきもいいましたが、売却額が住宅ローン残債に届かなくても現金の持ち合わせがあれば、何も問題なく売却可能です。

しかし、現金が用意できないとなると話は別です。

2500万円の残債務があるのに、2000万円でしか売れない。当然500万円がショートします。

この500万円を現金で用意できないのであれば、俗に言う「任意売却」という選択肢を選ぶしかありません。

任意売却は、住宅ローンを貸してくれている融資先に相談をし、売却後の不足分を月々分割で返済していくという方法です。ただし残念ですが、任意売却を選択した場合、信用情報機関にブラック登録されてしまいますので、大きなペナルティを背負うことになります。

任意売却を避けて、少しでも家を高く売る方法はこちらのページで解説しています。家の売却金額でローンを完済できない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

任意売却を回避して少しでも高く売る方法をチェックする

買い換えなら住宅ローンが残っていても大丈夫!

もし今の住まいが手狭になったりして、買い換えを検討しているのであれば、住宅ローンが残っていても大きな問題とはなりません。

買い換えであれば、新しく購入するときに住宅ローンを再度組みなおすことになると思いますが、その予算に今の住宅ローンを組み込むことができる商品があるからです。

俗に言う「買い換えローン」と呼ばれている商品です。

簡単に説明するなら、2500万円の住宅ローンが残っているとします。今の持ち家が2000万円で売却できました。そなると500万円がショートしてしまいます。この500万円を新しく購入する家の代金に充当することができるという仕組みです。