親から相続した家の扱いで困っている場合

親から相続した家の扱いで困っている場合

親から家を相続して住む予定が無い場合、人に賃貸物件として貸すのか?それとも売却した方がいいのか?どちらがいいか解説しています。

今後の不動産市況を考えると早めに売却しておくのがおすすめです。

賃貸は、毎月の家賃収入が見込めますが、一戸建ての家の場合だと、なかなか借り手が見つからず、空室になることも予想されます。

さらに、初期費用や建物を管理、維持するためのメンテナンスの費用や手間もかかります。

どちらにするか悩んでいる人は、賃貸した場合と売却した場合のシュミレーションを比較して、方向性を決めるとよいでしょう。

賃貸で貸すことのデメリットは?

家を賃貸で人に貸せば、毎月賃料が入っています。これは固定収入になるので、副収入として期待する人もいると思います。

ただし賃貸には、多くのデメリットがあります。

一戸建ての借り手は少ない

一戸建ては、一般にマンションと比べた場合、借り手が少ないです。借り手がいなくて空室になってしまえば、賃料は入ってきません。

初期費用がかかる

賃貸で人に貸すには、壁紙を張り替えたり、リフォームしたりなどして、家をキレイにしなくてはなりません。そのためには、一戸建てなら数十万円の費用がかかります。

しかもその費用は、新規に入居者を募集するたびにかかります。

管理が大変

家を人に貸すためには、管理しなくてはなりません。トイレが詰まったり、給湯設備が故障したなどのトラブルに、その都度対応しなくてはなりません。

また場合によっては、借り手が家賃を滞納することもあります。出て行ってもらうなどのことになれば、かなりの労力が必要です。

これらは不動産管理会社に委託すれば、全てやってもらうことはできます。でもその際には、毎月管理費を支払わなくてはなりません。

以上のように、家を賃貸で人に貸すには、様々なデメリットをクリアする必要があります。

腹を据え、事業としてきちんとやっていくなら別として、生半可な気持ちで人に貸すのは、おすすめはできません。

家は将来売れなくなる可能性もあるので注意

家の価格は、時間とともに下落します。将来、もし売ろうと思った場合、売却価格は今より間違いなく低いです。

また一戸建ての購入需要は、年々減少しているのが実情です。

駅のそばであるとか、開発計画がある地域のそばであるとかいうことでない限り、一戸建ては、将来まったく売れなくなってしまう可能性すらあります。

もしかしたら現在でも、すでに相続した家が、売値がつかない状態になっているかもしれません。

将来、その家に住むことが確実なのでない限り、できるだけ早い段階で売ってしまうのがおすすめです。

現在の資産価値を調べた上で判断を

最終的にどうすればいいのか判断に迷った場合は、まず「現在の資産価値がいくらか?」を、査定を取って調べてみましょう。

その際に不動産業者のアドバイスも色々と聞けるので、売るのか貸すのか、どちらが自分に取って得なのか判断する材料になります。

不動産の価値を調べるためには、複数の業者から査定をとって相場価格を調べる事になります。

おすすめなのは、

  • 貸すか売るか迷っている場合は「スモーラ」
  • 首都圏在住の人は「ソニー不動産」
  • 売却する場合は「すまいValue」

です。

賃貸を考えているのであれば、売却と同時に賃貸の相場も取れる「スモーラ」がいいでしょう。

売却を考えている人は、業界大手不動産会社が運営している「すまいValue」か、首都圏限定ですが、「ソニー不動産」がおすすめです。ソニー不動産は東京、千葉、埼玉、神奈川の4都県限定ですが、売却を考えるなら一番有利な不動産業者です。

売却した場合と賃貸にした場合、両方の相場を調べて判断するのがベストなので、時間がある時に、なるべく早めに査定を取っておきましょう。

家の価格は、売るにしろ貸すにしろ、時間が経つごとにどんどん低くなっていきます。

考えるのが面倒だからといって放置せずに、なるべく早めに決断するのが、損をしないためのポイントです。

売却と賃貸が比較できる「スモーラ」

スモーラ

スモーラは、以前から不動産専門サイトを運営してきた企業で、マンションリサーチが運営する一括査定サイトです。

大都市圏だけではなく、地方都市での売却にも非常に強く、特に戸建て(一軒家)の売却に力を入れています。

不動産のプロ集団から成り立つ企業が運営しているので、不動産に関する売却の相談ならほとんど全てをカバーしてくれるというのも、他の一括査定サイトにはない特徴です。

売却だけではなく、業者による直接買取や、賃貸として家を貸す場合の査定もできるので、売るか貸すか迷っている方や、買い手が見つからなさそうという方はスモーラがおすすめです。

公式サイトはこちら

首都圏にある物件の売却は「ソニー不動産」

ソニー不動産

大手企業のソニーグループが運営する不動産仲介サイトです。

このソニー不動産の特徴は、売り主か買い主、どちらか一方の仲介しかしないことです。両手仲介にならないので、売り主にかなり有利なサービスを提供しています。

ただし弱点もあって、現在利用できるエリアが、東京・千葉・神奈川・埼玉と首都圏だけに限定されています。

それがなければもっとおすすめできるのですが、とにかく対象地域に住んでいる人にはかなり有利なサービスなので、まずはここから相談してみるのがおすすめです。

公式サイトはこちら

大手6社がまとめて比較できる「すまいValue」

すまいValue

すまいValueは、三井不動産リアルティ、小田急不動産、野村の仲介PLUS、東急リバブル、三菱地所ハウスネット、住友不動産販売、の大手企業6社に一括で査定が出せるサービスです。

登録されている不動産会社は全国にネットワークがあるので、地方や田舎の物件など幅広く対応してくれます。

大手なので利用者が多く、比例して購入希望者や相談者の数も多いので、高く売るために大事な「早期売却」ができる可能性が高くなります。

初めて一括査定を利用する方や、契約している仲介業者を変更したいという方は、すまいValueを使ってみましょう。

公式サイトはこちら