家の売却を知人や友人の不動産業者に依頼する際の注意点

家の売却を知人や友人の不動産業者に依頼する際の注意点

家を売却しようとした場合、やはり素人では難しいことがたくさんありますから、不動産業者に売却の仲介を依頼することになります。

しかし不動産売買には大金が動きますから、できれば不動産業者は信頼できる会社を選びたいと考えます。そこで思い浮かぶのが、知人や友人が経営している、あるいは勤務している不動産会社です。

なにしろ普段からそれなりの付き合いがある人が経営している、あるいは勤務している会社ですから、まったく知らない不動産業者に依頼するよりも安心感があって、なんとなくメリットがありそうな気がします。

しかし実際のところはどうなのでしょうか。知人や友人が絡むとどうなるのか分かりません。確かにメリットもありそうですが、逆のことも言えそうなので、メリット・デメリットの順番に解説していきます。

知人や友人の不動産業者に依頼するメリットとデメリット

友人や知人が経営している、あるいは勤務している不動産業者に自宅の売却を依頼したときにどんなメリットがあって、デメリットにはどのようなことがあるのか見ていきます。

メリット

知人や友人が経営している、あるいは勤務している不動産業者に家の売却を依頼したときに得られる主なメリットは、たった1つだけです。

それは「安心感があること」です。普段からある程度の交流がある人物のいる会社ですから、全く知らない会社に任せるよりは安心感と信頼感があります。

自己所有物件の売却ですから、見ず知らずの不動産業者に媒介を依頼することにはなんとなく抵抗があります。そのため、知人や友人が絡んだ不動産業者の方に、安心感や信頼感を持ちやすいわけです。

それに、深い付き合いのある人物でしたら相手も親身になって考えてくれますから、かなり一生懸命に売却活動を行ってくれる可能性が高いです。

知人や友人の人物像が影響しますが、上手くいけば、大きなメリットを得ることができるかも知れません。

デメリット

知人や友人絡みの不動産業者に依頼した場合に得られる大きなメリットがある一方、実は大きなデメリットも存在しています。

大きなデメリットの原因ですが、不動産業者の主な収入源が「仲介手数料」だということです。

仲介手数料が欲しいのは経営者も、雇われている社員も同じです。経営者にとっては仲介手数料イコール会社の命です。

雇われている営業職の社員の収入は多くの場合、基本給プラスコミッション制ですから、やはり仲介手数料イコール生活になっています。

そうなるとたとえ知人や友人の依頼でも、「上手くやれば美味しい案件」となってしまいます。しかし依頼者は「あいつに頼んだのだから変なことはしないだろう」と、勝手に思い込んでいます。

こんな時に発生する大きなデメリットは、不動産業を経営している、あるいは勤務している知人や友人に信頼関係を利用されて結果的に騙されることです。騙される主な内容は2項目で、それは次の通りです。

相場以下の価格で売られてしまう

信頼関係を利用しようとする場合ですが悪い言い方をすると、素早く成約にこぎ着けて仲介手数料を頂いて次の仕事にかかりたい、と思うことが出てきます。

こんな場合は相場よりも安い価格設定をして、広告への問い合わせくるように高めて、一気に売ってしまうことがあります。

価格設定の時も売り主は「あいつがそう言うんだったから問題はないだろう」と、勝手に思い込んでいますから、価格相場の確認はしません。言ってみれば、相手の思い通りに事は進んでいきます。

後からその事実が分かったところで、契約書を取り交わしていますから何も言えません。ただし、人間関係は崩壊します。

買主に対して重要事項の説明が不十分

物件売買にあたっては、買主に対して必ず重要事項の説明をしなくてはいけません。重要事項とは宅地建物取引業法、通称宅建業法で決められている不動産業者が買主に対する義務です。

主な内容としては「物件の基本的な確認」「法令上の制限」「インフラ整備」「その他の制限」などが含まれています。

当然ですがこの中には瑕疵担保責任も含まれていますから、知人や友人の物件ということで買主にこの部分の説明が不十分だと、後から買主からクレームを言われる可能性があります。

結果として裁判沙汰になるなどのような、非常に大きなトラブルに発展する可能性もあります。裁判になれば知人や友人がどんなことをしたのかがはっきりしますから、当然ですが人間関係は崩壊します。

このように知人友人が絡んだ不動産業者に媒介を依頼することは、案外大きなデメリットを含んでいるので、注意が必要になります。

トラブルを防ぐには

では、こんなことにならないためにはどうしたらいいのか、という問題です。

方法としてはやはり知人友人を絡めずに、信頼できる不動産業者を見つけることが一番効果的です。

とは言っても、やはり見ず知らずの不動産業者に大切な自己物件を任せることには不安もあるし、第一そんな業者がどこに存在するのかも分かりません。

そこで一括査定を利用して、複数の業者から査定額を出してもらうことをおすすめします。その理由ですが、一括査定登録している不動産業者には悪質な業者がいないという前提条件があるからです。

一括査定には多数の不動産業者が登録していますが、登録するのには厳正な審査を経ているので、心配はいりません。

知人や友人の不動産業者に依頼するデメリットが気になる人で、信頼できる不動産業者を探したい人には、一括査定サービスを利用するとよいでしょう。

また、信頼できる不動産業者の選び方については、こちらのページで詳しく解説しているので、業者選びで悩んでいる人は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

家を高く売るための「信頼できる仲介業者」の選び方